自動車学校の授業

自動車学校の流れについて

自動車学校の技能試験で注意する

自動車学校での技能試験で注意することは、まず安全確認です。特に右折や左折する場合、自動車学校の教師はサイドミラーだけで歩行者やバイクが横にいるかを確認するのではなく、目視による確認もしなければなりません。試験中によくやってしまうケースが、早く曲がらないとという意識が強すぎて周りが見えなくなることが多いので注意が必要です。ともあれ、1つ1つ今までの技能講習で指摘されたことを確認しながら行動していくことが大事です。その意識を持つだけで落ち着いた運転ができるようになります。安全すぎる運転の意識をもつぐらいがちょうどいいのです。

自動車学校、技能講習の流れとは

自動車学校の教習は多く分けて学科と教習の2つあります。今回は普通自動車免許の技能教習について説明していきます。技能講習は第一段階と第二段階があります。第一段階、まずは模擬運転教習です。これは実車運転に備え画面の映像を見ながら各種操作の練習をします。次は実車での教習。指導員が助手席にのりいよいよ実車運転です。その後、第一段階の見極めが行われ、試験に合格すれば仮免許が与えられます。次に第二段階、路上コースの運転開始です。他の教習生の車に同乗する機会や高速道路を走行する高速教習も行われます。第二段階の見極めが行われると晴れて自動車学校の卒業検定を受ける事ができます。

自動車学校の技能情報

↑PAGE TOP