自動車学校の技能

自動車学校の技能の試験とは

自動車学校の技能項目について

自動車学校の技能項目は仮免段階と卒業検定段階で大きくことなります。仮免では主に場内のコースを用いて車の運転に慣れます。外周のカーブ、坂道、踏み切り、S字、クランク、さまざまな種類の道の通行方法ごとに分かれています。仮免段階の目標を大まかに言えば、場内のコースを脱輪せず、安全に完璧に運転することが目的です。卒業検定段階では、路上に出て運転します。慣れてくると、高速講習、他の人と一緒に走行するセット講習、自分でコースを決める自主経路、地域に特化した地形を走行する特別項目があります。自動車学校の場内で行う縦列駐車、方向転換も卒業検定段階で行います。

自動車学校の技能講習について

自動車学校では車に乗車に実際に運転する講習を技能といいます。技能講習は学科講習と違い、最低乗車回数が決められており、それを達成しても教官がOKを出さなければ検定を受けることができません。つまり、乗れるようになるまで講習は続くということです。講習が増えると追加料金を取る自動車学校もあるので、入校する前に調べてみましょう。大体は最初に乗車する際、教官がどれくらい乗れるかを確かめて何回追加になるかの目安を教えてくれます。運転にも大器晩成型もありますから、それより短くなる可能性も大いにありえますし、その逆もありえます。

自動車学校の技能情報

新着情報

↑PAGE TOP